Statement

May 2012

English / 日本語


My works originate in a certain kind of Japanese decorative aesthetic, especially in the sense of the “boyish brilliance.” The recurring motifs are generated from those which are cherished mainly by the juvenile boys, such as decorations of model cars, figures of monsters and typography of comics. While the Japanese word “kawaii” has become a widely accepted term in referring to the unique “girlish cuteness” quality of the Japanese culture, the word “kakkoii,”on the contrast, are used to describe the boyish brilliance. Being driven by this sense of “kakkoii,”I manage to create art works in search of the underlying universal between American street culture and classic Japanese paintings.

Back to the early stage in my career as a creator, a series pasted by the off-the-shelf model car decals were first done in 2005*. The model cars were once very popular in the 1990’s, and the decorative decals were viewed as the symbol of the boyish brilliance representing the nature of “kakkoii,” ”powerful, ”and “speedy.” Thus, I decided to reconstruct these decals by applying a contemporary sense in my graphic works. From 2005 to 2008, using the off-the-shelf products of TAMIYA, I created the “Critical Hit” series. The title was named after the attack which gives tremendous damage to the opponent in the famous video game Final Fantasy. The inspirations of my earlier works came from the elements in the video games and comics such as explosion, magic, and monsters.

Furthermore, within these decals, I’ve found a mixture of English typography and the design of classic Japanese painting of waves and flames. The complex blend of the design not only indicates a hybrid nature in the cultural background, but also expresses that the aesthetic of Japanese pop culture and the sense of “kakkoii” in particular generations may share some general aesthetic with American street culture of the post war era and the classic Japanese painting. In order to reveal the universal aesthetic of “kakkoii” among different generations and places, I began to develop the technique of pasting stickers and apply it to my works.

After finishing a series of collage using model car decals, in 2008, I developed to use the computer to make stickers of my original design out of the cutting sheet.  Via composing artworks pasted by industrial marking films, I polished this mechanism of "pasting" as an analogy of "painting."To me, “to paint” means nothing more than “to paste,”  

Since 2009, I’ve started a new series of cockfight inspired by the 18the century Japanese painter Jakuchu Ito*. Recently, Jakuchu’s works have been reevaluated and are gaining attention among the connoisseurs of traditional Japanese paintings and the young generations. Jakuchu often used chickens as motif in his paintings. What’s more, in his works, I observe a vivid image of boyish brilliance──“kakkoii,” which can still be appreciated even nowadays. Based on this concept of “kakkoii,” I created the cockfight series uniting the image (such as waves and flames, etc.) from traditional Japanese art and the logotype from American street culture through pasting. 

Lately, I have been using monsters as motif following the cockfight series*. I manage to capture the sense of “kakkoii” in those monsters which were originally designed to frighten people in the Japanese traditional art or Japanese monster movies and express it by creating artworks in the style of "pasting."





私の絵は、日本のある種の装飾美、とくに日本の少年的な美的感覚に基づいて描かれている。それはモデルカーの装飾やモンスターの造形、漫画のタイポグラフィーなどを主に少年が好むような物をモチーフとしている。少女的な美的表現の言葉として日本語の「かわいい」という言葉は有名であるが、それと対をなして、少年的な美的表現はしばしば「かっこいい」という言葉で表される。私の原風景である日本の少年的な「かっこいい」という感覚を出発点に、それがアメリカのストリートカルチャーや日本の古典絵画にも繋がるある種の普遍性を持っているのではないか、という視点を持って作品を製作している。

そもそも絵画のキャリアの出発点は、2005年にモデルカーの装飾用シールを貼り合わせによる作品シリーズからはじまる *。これは私が子供の頃に流行した商品で、その装飾は「かっこいい」「強い」「はやい」というような当時の少年的な美学の象徴であった。それを現代の感覚で再構成することでグラフィックアート作品を制作した。2005年~08年頃の作品はタミヤの既製品のステッカーをシートに直に貼り合わせ、形を即興的に作るという方法で製作していて、この頃の作品シリーズは「クリティカルヒット」という名付けている。このタイトルはテレビゲームのファイナルファンタジーからの引用でもある。子供の頃に体験したゲームや漫画の中での爆発や魔法やモンスターといったイメージを元に絵を作っている。

これらのシールをよく見ると、英語のタイポグラフィや波や炎などの日本画的な意匠が交じり合った、複合的な文化的背景を持っている。また貼り合わせによって作られた構成物は、グラフィティを思い出させるような形をしている。日本の特定の世代の少年の「かっこいい」という感覚は、アメリカのストリートカルチャーや古典的な日本画にも繋がっているのではないか、ということを私はこの作品で発見した。以降「かっこいい」という感覚の世代や場所を超えた普遍性に着目し、このシールの貼り合わせを発展させた技法で作品を展開する。

08年からはコンピュータでステッカーの図案を作り、それをカッティングシートに切り出して貼り合わせる、という方法で作品を製作している *。絵画の世界では絵の具と筆を使って描く技法を"painting"と呼ぶが、これになぞらえた"pasting"という技法で私は表現している。"painting"の作家が絵筆を使って絵を描くように、私はステッカーの貼り合わせで絵を描くことを目指している。なぜこの技法にこだわるのかというと、私の「絵を描く」という行為のルーツが「絵筆を使って何かを描く」という所ではなく、「シールを貼る」という所にあるからである。「シールの貼り合わせ」という行為が私にとっては自然な描画方法であり、そこに私の表現の身体性がある。

09年頃から軍鶏をモチーフとした具象的な表現で作品を作り始める *。これは伊藤若冲の軍鶏をモチーフとした一連の作品群からインスパイアされている。若冲は最近になって再評価されている江戸時代の京都の日本画家であるが、彼の作品の魅力は現代にも通じるような普遍性を持つ少年的「かっこいい」グラフィックセンスである。実際、若冲の作品は古典的な日本画愛好家だけでなく、現在の若者にも広く支持されているのは、そういった理由によるものである。私は彼の軍鶏の作品を少年的な「かっこいい」絵として捉えなおし、軍鶏をモチーフとして絵画を制作した。このシリーズでは、日本画的な波や炎といった意匠やアメコミのタイポグラフィーをもとにステッカーを製作し、切り貼りして作っている。

この軍鶏のシリーズから発展させ、以降は怪物やモンスターをモチーフとした絵を製作する *。古典的な日本画や怪獣映画に見られる畏怖の対象としてのモンスターは、少年が魅力を感じるようなかっこよさを併せ持っているが、それをこのステッカーの貼りあわせという新たなアプローチで表現している。